東北地区中古住宅流通促進協議会

くらしをかえる。すまいをかえる。

リフォーム事業者認定制度

中古住宅の流通を促進する上で、不動産流通事業者と協力して取引を進めることが可能なリフォーム事業者について、協議会が一定基準を満たしている事業者として認定を行い、 各事業者及び消費者に、広くこの制度を周知することにより、トラブルの少ない中古住宅流通が行われると考えます。
東日本大震災の被災住宅についても、適切な対応が求められており、被災した住宅の補修、流通が安心なものとなる為に必要なものだと考えます。

協議会のリフォーム事業者認定基準

  • ①建設業の許可を取得している
  • ②建築士事務所登録をしている
  • ③瑕疵保険検査会社へ登録している
  • ④建設工事賠償責任保険に加入している
  • ⑤業法違反などの指導を受けていない
  • ⑥耐震基準適合証明書の発行実績がある(2年以内に実現でも可)
  • ⑦フラット適合技術者が在籍している(2年以内に実現でも可)

※上記基準を満たしている事業者様で協議会の認定講習を受講された方へ認定証を交付いたします。

東北地区協議会リフォーム事業者認定書